GOTOトラベルキャンペーンで人気だった旅先

昨年7月22日~2021年春頃の予定で、政府主導のもと全国展開されていた「GOTOトラベルキャンペーン」。ところが2021年1月に非常事態宣言が発令され早急に弟子となってしまったのは記憶に新しいところです。「GOTOトラベルキャンペーン」は、宿泊割引やクーポンにより、旅行代金がなんと実質最大50%OFFというかなりお得な内容で、利用は自己責任であったものの、我慢が続いていた旅行好きの心をつかんでいました。

Go To トラベルキャンペーンとはどんなキャンペーンだったのか?

Go To トラベルキャンペーンでは、1人1泊2万円・日帰りは1万円を上限として、旅行代金の最大50%を補助してくれるというものでした。新型コロナウイルス感染拡大により業績が大幅に落ちてしまったホテルや交通機関、飲食店、お土産屋さんといった観光業界全体を支援するために政府が打ち出したGOTOキャンペーンの一部です。

東京ディズニーリゾートより

補助される旅行代金50%の補助とは、旅行代金の35%割引に加えて、旅先現地で使える地域共通クーポンが15%分進呈されるという内訳です。地域共通クーポンは食事や交通運賃など、幅広く使え、グルメ、お土産、電車やタクシーなどに利用できます。紙のクーポンと電子クーポンがあり、それぞれ利用できる店舗が異なるためちょっとややこしいという批判もありました。

キャンペーン利用者の人気の旅先トップ3は?

2020年夏の時点でGo To トラベルキャンペーン利用予定の人を対象にアンケートをとったところ、人気の旅先トップ3は、地域別ランキングだと3位が北海道、2位が近畿地方、1位が中部地方という結果でした。そして、具体的な目的地別のランキングは3位がUSJ、2位が札幌、1位が東京ディズニーリゾートという結果でした!

具体的な目的地一位の「東京ディズニーリゾート」と答えた人は全体の7.9%(「旅行に行きたいと思わない」と答えた人を除く5,417人が対象)に上ります。相変わらずの人気ですね。そして、大阪のUSJは3位、沖縄の美ら海水族館は5位、伊勢神宮は8位と、人気観光地の目玉スポットも上位にランクインしています。都市別の結果はとしては一位が札幌で最も多く、次いで2位が函館、3位以降が箱根、富良野、金沢と続きました。北海道なら密にもならないし、大自然の中ストレス発散できるという事でしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*